あんなことやこんなことを

わたしが尊敬してやまない人。この人。
朝起きてパソコンを立ち上げておいて、花のみずやりしたり、朝の日課を一通りすましたら、
まず必ずこの人のブログを読むという生活を何年も続けている。



確たる信念をもっている人は美しい。
そして出来ることなら、その信念なり価値観なりを自分にとってよりよいのものにし続ける日々とともに、もう1つ。
この人のように他人の、相手の価値観には介入しない生き方が出来たらなと思う。

人はそれぞれに自由だ。
何を選ぼうと、どう生きようと、人それぞれの選択と自由がある。
自分にいいものが相手にとっていいものとは限らない。


そのことをきちんと一線ひいて受けとめあい、なお且つその相手のすべてを尊重できたならば、お互いを認め合い、その関係はたとえ離れたとしても、つきることがないだろうと思う。
誰かを愛するということは、、
互いの価値観の違いを認め、そして輝かせることが出来るということがわたしは大前提だ。それは夫婦でも。親子でさえも。





>>>>>>>>>>>>>>>>




碧海をやりだすことを決めてから忙しくなった。
だけどこの忙しさに理由をつけて、妊娠しやすい身体づくりを怠る生活をすることだけは避けたいと思う。

出来るか出来ないかは別として、
今ここにいる、私自身の優先順位を間違うことなかれ。出来るならば誰と比べることもなかれ。

そして、やろうと決めたこと、
請け負うと決めたことに対しては、その時の自分の最大限のベストを出し尽くしたいと思う。

いままでのように全てを仕事に打ち込んでいた頃のようには出来ない。
だけど出来ないながらも
ここまでの枠ならばプロとしてたてるという自覚のもとにたつセラピストでありたい。


正直、フェイシャルを自分のメニューから削ってよかった。
もちろんその分、あたりまえだけれど、再開しても声をかけれる方の枠が減った。
今の出来る範囲に対する結果がコレなんだと思う。
やり始めてやっぱり、来てくださる人に対して、その気持ちに対して、一番に思うことは、
中途半端で対応することだけは避けたいということ。
やれないならやらない。やるなら本気で。それだけをこころにおく。
今出来る自分の枠を知っていること。そこに正直でいます。

今、ボディのケアに携われていることが嬉しくてたまらない。そしてそれをしている自分は好きだ。まだまだ・・・深めていきたいことはもちろん尽きないけれど、今させて頂いていることに少しだけ胸を張れる、ほんの少しでも働ける事へのよろこび。
その少しの時間が、またこの家を綺麗に、より心地がいい空間にしていたいという家事へのモチベーションへとも繋がってくれる。
すべてをオープンにしていたい。自分自身も。この家も。

今習っている心理学は本当にそれをうまく後押ししてくれている。
相手の話が聞きたい、もっと話を聞くスタンスを徹底したいと思ったからこそ、再受講を続けている。というのが当初の目的だったのだけれど、・・・話を聞くとか、精油を選ぶ時に役に立つとか、そういうことよりも、私の場合、それ以前の事で役に立っているようなきがしてならない。

どこまでも尽きることのないコミュニケーションでの学びは、
自分自身をクリアにすることから始まるのだなーということを体感し、
そして人の話を聞くという行為においても、自分にクリアでかつ正直であること。
いらないものがあるとね、ほんとそれだけで聞くことを邪魔してしまうのだよ。
批判したり、ジャッジしたり、アドバイスや、最悪自分の話にもっていってしまったり・・相手の問題をとってしまうのよね。早く解決してしまおうとするのよ。その人のペースなんてものは一切考えないでね。うっかり今も変わらずそのどれかのパターンにハマってしまうことがあるよ。
でもね、
相手をわかろうとすることは、どれもちがうんだー。それがすこしだけ・・ストンと落ちた。

だからその他のテクニックや技法などは全く持ってそれからじゃないかとさえ思う。


今までのどんなときも私はそれを最後まで貫くことが出来なかった。
自分可愛さゆえに、正直になれなかったことたくさん。
そんないろんなことを出しては流していくというプロセスをこの心理学のワークで体験し
そして再受講でさらに体験し経験し、今はその繰り返し繰り返しひたすらそう。

もう二度と戻ることの出来ない時間へ決別やその他色々・・・


いきつくところ自身の雰囲気から、
その身体から滲み出るまでの研鑚がいるなーと感じる。
どこまでもどこまでもはてしないその学びへの喜びは、
私がそれが好きだということに尽きる。


>>>>>>>>>>>>>>>>

いつかもう少し落ち着いたら
ころあいを見計らいフェイシャルをしようと思う。
その時はモニターとして、100人以上のお顔に触れさせて頂いてから、
自分の納得の行く状態までレベルを上げてもう一度メニューに登場さそうと決めている。

それは、今すぐか、あるいは妊娠・出産という長いスパンを経てからか
どこでどう変わるかわからないけれど、いつか碧海に登場さすときは、もう一度いちからはじめるような気持ちで取り組んでみたい。運よく私の周りには、フェイシャルが好きでうまくて本当に心地よい施術が出来る方がたくさん居るから。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

久しぶりに真面目に。
まっすぐな人に昨日久しぶりに会って、話せて
今のわたしで、このままのわたしでいたいと思った。
もうせ伸びもせず。必要以上大きくみせることもなく、今の枠で出来る事をし続ける毎日を生きようと思う。
そうすることでしか、枠は広がらない。
心理学もまた、マジックなんかでは決してはないんだ。


一度壊れたものを
また組み立てていく。・・・ひとつひとつ。

そうして出来ていく、今の自分が好きかもしれない。
[PR]
by bstones178 | 2010-06-23 22:28
<< ほーむべーかりーをどなたかお願... ありがとう。 >>