代弁者 その①

最近になって、コーヒーから紅茶派になった。
(凄いサプライズ。)
4月にこちらの方とお会いして、スリランカの紅茶を頂いた。
まだコーヒーを毎朝パンと一緒に飲んでた私にとって、この方の紅茶論は衝撃的だった。


「コーヒーは労働者の飲み物です。」きっぱり。

「紅茶はサプリメントです!」きっぱり!!


ぱ:…( ̄□ ̄;)そ、そうなんですかね

>>>>>>>>>>>>

実はわたしは中学生くらいからずっと、顔と背中にきつい吹き出物があった。
顔は徐々に引いたが、背中はずっと治らなかった。
治ってもなお繰り返されるし、痛いし、痕もひどくて、
エネルギーがわかるF先生のところにも1年余り通った。ただただ治したくて。

アトピーではないけれど、治癒を思うならアトピーを治す考えにすごくヒントがあった。
そのことがなんとなくわかった35を境に、ほとんど今はもう出てこない。不思議なほど、綺麗になった。一時かなりロハス系な食べ物以外一切食べない時期も経て、
気付いた事は、何を食べるかとか、
究極は、そこはあまり重要ではないという事実だった。

>>>>>>>>>>>>


普段紅茶を飲み始めても、
途中でやめてしまうわたしだったけど、
その方から頂いた紅茶の後に、パン似合うよとまたしても別の方から紅茶を頂き、
気持ちが動いた。
今という、タイミングも重なったんだと思う。

看護学校からの20年近くのヘビーユーザーだったコーヒー歴に終止符が打てた。


どれくらい飲んでいたかというと、
1日10杯くらい…
(昔は、インスタントだったので、+大量なクリープを入れていた…異常なほど)
今思えば、それ全部。
何かを我慢する代わりに、唯一自分に許せる行為だった。

夜勤をする代わりにコーヒを飲む…
超勤をする代わりに、文句や不満を言う代わり…
寝不足を補う代わり…


無意識にいつもコーヒーを手に取った。本当にしたい事のかわりに。それでも満たされない時は、甘いものをプラスした。これがご褒美や人生の楽しみという発想なら全然おっけーだ。
だけどわたしは、いつの間にか無意識に、ただただ我慢の代償行為に摩り替わっていた。


本当に手にしたいものは何かを考えることも、小さな頃から
無意識に禁止していた。そんなことは望んではいけないと、意識にすら上がってこなかった。
なぜこんなに胃が痛い日もコーヒーを飲むのか、自分でもわからなかった。

ちゃんと気が付いたのは、最近だ。


そして思い出した。自分の母もまた、働いて帰ってきて
コーヒーだけは美味しそうに飲むことを許していた。
だから、それを幼い頃からずっと

小さな自分の目でじっと見続けて、私が肌で感じて学んだ事だったように思う。

“贅沢はしてはいけない。わがままもだめ。だけどコーヒーはいいんだなと。”



小さい頃のそれは、
どんな辛いことも幸せに変えてしまう、魔法の飲み物にみえたんだ。


>>>>>>>>>



つづく…ヽ(^o^)丿
[PR]
by bstones178 | 2011-06-21 22:34
<< 代弁者 その② 地元で。 >>